月々500円の寄付で、
タイ山岳民族の子どもたちの
学びと成長に寄り添う

──タイの子どもたちが教育を受けられるために、継続的な寄付をしてくださる方を募集しています。

お問合せ・お申込み

タイ山岳民族の子どもたちの現状

アカ族、ラフ族、リス族、モン族、ヤオ族、カレン族など、タイ北部の山地民の多くはこの1~2世紀の間に、 中国、ミャンマー、ラオスなどから移住してきました。現在は伝統的な焼畑農業による移動耕作をやめて定住化を果た しつつありますが、政府の森林保護政策などにより耕作地は制限され、山での生活は困窮を極めています。
農耕で生計 を営むことを断念して町に出稼ぎに行く人も増えていますが、学歴がないためによい職に就くことはできません。村やその周辺に小中学校がない地域もまだ数多くあり、通学のための交通機関もありません。勉学をあきらめて中途退学し、未成年のうちから都会に働きに出るケースも多く、それらが麻薬売買、売春、エイズなど深刻な問題の原因になっています。

月々500円の継続的な支援が変える世界

タイ山岳民族の子どもたちの学習を支援し、より良い未来を選べるために。
子どもたちを支援することは、彼らの幸せのみならず、アジアの、そして世界の安定、発展、平和につながる大切な活動です。
また、彼らのかけがいのない素晴らしい文化と伝統、美しい民族衣装、そのやさしくホスピタリティーあふれる人柄からは、わたしたちが学ぶべきことも多いのです。
お互いの違いを知り、お互いの良さを知り、お互いが助け合い、お互いが思いやれる関係。そんな親しい友人として、彼らの支援をご検討ください。
継続支援をしてくださる方には、子どもたちの学習の様子をお伝えします。

お申込み方法

まずは、お問合せフォームからご連絡ください。
詳しいご寄付の手順をお知らせいたします。
なお、月々500円のご支援は、郵便口座からの自動引き落としとなります。

お問合せ・お申込み

sakurakikin2016.4

さくらプロジェクト基金